teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


芳枝 & 其作 DUO

 投稿者:Al Chooperメール  投稿日:2006年 2月 9日(木)16時09分7秒
  本日(2月9日)の「芳枝 & 其作 DUO」は、予定通り開催されます。
熱い拍手とご声援で、お迎え頂きたいと思います。
 
 

Goodbye and Thank you Osamu.

 投稿者:Al Chooperメール  投稿日:2006年 2月 4日(土)13時16分59秒
  ついに修ちゃんを見送って、これで市川修とブルーノートに大きな句読点がうたれました。
前夜祭が2月2日で、ブルーノートの44周年記念日でした。
よくよく修ちゃんは、ブルーノートと因縁が有るのですね。
この句読点の次に改行するのか、新しいチャプターを開くのか、はたまた終止符とするのか。
これは私ではなく、お客さまとミュージシャンが決することだと思っています。
修ちゃんに育ててもらったたくさんのミュージシャンたちが、
彼の意志を継いで、ブルーノートで次の世代を育てていってもらいたい。
又、お客さまもそれを厳しくかつ暖かく見守ってもらいたい。
今は、そう思っています。
森山さん、これからもブルーノートで育っていく若いミュージシャンと共演して下さい。
よろしくお願いいたします。

以上が、森山さんにお送りしたメッセージですが
森山威男さんからもメッセージを頂いておりましたので、
市川ファンのみなさんにご紹介したいと思います。

チュパーさん
連絡を、ありがとう。
体から力が抜けてゆきます。
2006年2月2日夜12時jast


芳江さん…、
僕も彼の人となりが好きでした。
僕はドラムを叩きながら何度も笑いました…
「こうやろう」と思うところで彼は全く同じに「こうしてくる」

「次はこうだなと感じた瞬間!間髪を入れず彼は立ち上がる。
思わず俺は彼を見るが、彼はもうそこにいない。

ピアノでは出し切れない、心の歌を歌を持っていた。
自分よりもお客さんを大切にする人でした。
お客さんよりも共演者を大切にする人でした。
共演者よりも芳江さんを大切にする男でした。
芳江さんよりも子供を大切にしていたかもしれません。
自分を殺して他人に仕えることが当たり前のようにできる人でした。

彼がいなくなって「スンミ」だけがのこった。
「スンミ」は完了したが、見てくれる者がいない。聞いてくれる者がいない。

俺はこれから「スンミ」をたのしむ。懐かしむ。叩く、そして、泣く。
市川、お前も「スンミ」を楽しめ!懐かしめ!叩け!そして………そして泣け!
いいだろー、いいだろー! いいだろう?  いいだろうう!  いいだーーーーー!

森山 威男
 

chooper さん、恭子さん

 投稿者:nanaメール  投稿日:2006年 1月31日(火)15時04分29秒
  先日はごちそうさまでした。
ブルーに初めてお世話になって、もう11年、12年目になろうとしています。
改めて本当に親戚?のような暖かいおつきあいをさせて頂いて心から光栄に思います。
本当にありがとうございました。
なかなか京都に行けなくて申し訳ありません。
金曜か土曜のどちらかのライブに久しぶりにお伺いいたします。
また改めて予約しますね、ちゃんと。

七奈
 

市川修 入院

 投稿者:Al Chooperメール  投稿日:2006年 1月15日(日)16時51分23秒
  ブルーノートのレギュラー・ピアニスト 市川修君が急病のため入院いたしました。
今後、市川君が復帰する迄、有志のミュージシャンが代演を勤めますので、
暖かいご声援をお願いいたします。
尚、この件に関するお問合せは、私のメール・アドレス迄お願いいたします。
 

25年目

 投稿者:恭子  投稿日:2006年 1月10日(火)18時48分19秒
  私が、19才でブルーノートにお世話になってから、今年で25年になります。
在り来たりな表現ですが、長いようで短かった。
会社なら、勤続表彰がもらえるのかな。
誰か私を表彰しに来てくれないかな。
 

平日のセッション

 投稿者:Al Chooper  投稿日:2005年12月14日(水)23時51分42秒
  来年から、皆さんからリクエストの多かった、平日のセッションを開始します。
ホストは、芦津 直人さん(p)です。ベースは今のところ未定です。ドラマーは比較的多いので無しでスタートしようと思います。
取りあえず毎月第3木曜日ですが、今後、皆さんの集まりやすい日に変更するかも知れません。
初回は、1月19日です。皆さん、楽器を持って集まってください。
ライブ・チャージは、初回はカンパ制です。
 

研ちゃん、投稿ありがとう。

 投稿者:恭子  投稿日:2005年12月 1日(木)00時40分9秒
  懐かしいね、みんな若かった。
ママが"When I was young"を聞いて、若かりし頃やなんて話をしてたなあ。
私もそう言える年代に入ってきたかな、今は。
今もブルーノートは変わらずやねえ。
JAZZを聞きにくる人は減ったけど、ここだけ、ブルーノートだけ、時間が止まってる。
いつか、まだ私がいるうちにおいでよ。
TOP PAGE から E-mail が送れるから、メールちょうだい。
 

芳枝と其作のデュオ

 投稿者:Al Chooperメール  投稿日:2005年11月16日(水)13時59分24秒
  今月から、第2木曜日は、市川芳枝(vo)と其作元総(gt)のデュオを楽しんでいただいています。
芳枝はんは、仲武子(p)とのデュオを長く続けていますが、ギターとは始めての試みです。
芳枝はんと言えば、全身の力を振り絞ってシャウトする姿を思い浮かべますが、このギターとのデュオでしっとりと歌い上げるブルースは、他のバッキングでは聞かれないものです。
芳枝ファン必見必聴のステージです。お見逃しなく。
 

昔も今も・・・

 投稿者:研ちゃん  投稿日:2005年11月12日(土)21時53分6秒
  先代ママが亡くなれて10年にもなるのですね。15の年からJAZZを聴きはじめ、18の時からbluenoteに通い楽しませて頂いておりました。まだ、MacintoshとJBLは健在ですか?家で聴く音はまったく違う次元の音にそりゃあもう感動したものです。京都を離れて早13年お店も恭子ママになった事は、風のたよりでききました。あの頃は、今の恭子ママと山ちゃんが、bluenoteのスタッフになったばかりと教えて頂いた記憶があります。ご両人には大変お世話になりましたし、あの頃が懐かしく思い出される今日です。先代ママは、凛としてとてもゴージャスな大変素敵な敬愛する御仁であった事は言うまでもありません。ワインが好きでしたよね。初めての書き込みで、昔話ばかりですみません。益々のお店のご発展心よりお祈り致します。そして、いつの日か寄せて頂きたいと思いながら・・・・・!
PS:申し訳ありません。21時27分30秒の書き込み失敗しました。
 

昔も今m

 投稿者:研ちゃん  投稿日:2005年11月12日(土)21時27分30秒
  先代ママが亡くなれて10年にもなるのですね。18の時からbluenoteに通い、  

レンタル掲示板
/23